www.atomicfest.in.net

AGAジェネリック薬とは

AGAジェネリック薬とは

惰性型脱毛AGA、それは男性ホルモンに酵素が結びついて毛根の毛細血管の血流を邪魔します。

 

薄毛対策の薬としてミノキシジル配合の塗り薬リアップが知られますが、その後、フィナステリド配合のプロペシアという飲む育毛剤というものが登場します。必見のAGAクリニック 名古屋がお役に立ちます。
リアップもプロペシアも、すでに数十年たってそのパテントも切れてジェネリック薬というものが登場してきています。

 

飲む育毛剤は日本では処方薬で月薬7000円程+診療で1万円ほど、年10万円前後はかかることになります。
しかし、個人輸入のジェネリック薬であれば個人責任になりますが、処方箋もいらずかなりの低価格で販売されています。
為替相場に左右されますが、先のプロペシアで5000円程、ほぼ同じ成分であるフィンペシアやフィナバルド、エフペシアは100錠3000円前後でお得そうです。
しかし、注意としては、性欲減退やだるさの副作用や、キノリンイエローという発がん性のある成分が無いものを選びましょう。

 

その中でもフィンペシアはインドの大手製薬会社であり、この中では少々安心かも知れません。
心配であれば、これらについても評価や口コミがあるので、それらを参考にしてみるといいでしょう。

 

又、輸入代行業は、しっかりした会社を選ばないと詐欺に合うこともあり注意が必要です。

ホーム RSS購読 サイトマップ